長崎佐世保の非破壊検査・建設コンサルティング | 株式会社 第一検査工業

事業所案内 お問い合わせ

落橋防止装置溶接部非破壊検査

落橋防止装置溶接部非破壊検査

本業務は、落橋防止装置・変位制限装置の完全溶け込み溶接が必要な箇所について、性能を満足しているかどうか(完全溶け込み溶接となっているのか)を非破壊検査(超音波探傷検査)により確認し、対策の要否を判定することを目的とします。
 対象となる落橋防止装置が設置された橋梁は、5年に1度の橋梁定期点検時にこの検査が実施されますが、(株)第一検査工業では定期点検から非破壊検査まで一貫した対応が可能です。

平成27年度長崎県市町橋梁定期点検業務を受託しました

長崎県市町橋梁定期点検業務

市町の点検業務発注支援として、公益財団法人長崎県建設技術研究センター(NERC)より発注された「平成27年度市町橋梁定期点検業務委託(その2)」を受託しました。
【橋梁定期点検 N=163橋(五島市、南島原市、長与町、時津町、新上五島町)】

弊社は鋼橋の製作過程より溶接部の検査(非破壊検査)に携わっております。
約40年、非破壊検査で培った“不良個所を見逃さない目”により適切な点検・診断を行います。

下記、資格保有者により点検・診断しております。
● 技術士(鋼構造及びコンクリート)
● RCCM(鋼構造及びコンクリート)
● コンクリート構造診断士
● コンクリート診断士
● 土木鋼構造診断士補

研究開発「橋梁モニタリングシステム」

解析モニタリング画面
解析・モニタリング画面

近年の橋梁長寿命化要請の社会的な高まりを受けて、弊社では長崎大学の指導を仰ぎながら鋼構造・コンクリート構造 “橋梁モニタリングシステム”の研究・開発に取り組んでいます。
研究は2段階に分け取り組んでおり、第一段階は橋梁の状態監視やトラブル原因解明のためのモニタリングをテーマに、第二段階は橋梁の老朽化(健全度)評価のためのモニタリングをテーマに研究を進めています。
これらの取り組みを通じ、関連するハードウェアや通信に関する知識、そしてデータ解析・評価診断技術を習得します。
到来する橋梁モニタリングの需要に対応できる老朽化診断ソフトウェア及びハードウェアの開発技術を社内で醸成し、地域の安全・安心社会基盤の構築へ貢献したいと考えております。

業務写真集企業パンフレット 採用情報 ニュース・お知らせ

Copyright DAIICHI KENSA KOGYO. All rights reserved.